2008年08月07日

チラシ 便利箱


オリジナルではありません。
ただ、チラシは怪我をしやすいので一工夫しました。
はずみで怪我すると、これが痛いんですねがく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)

怪我の予防ができれば、指の運動にもなりますので、
楽しみながら作って頂きたいです。
ゴミ箱に、ちょっとした入れ物にと役に立つ便利箱です。



2枚重ねで作ると結構、丈夫な箱ができます。

《作り方》
@怪我予防に1cmほど片端を折り込みます。
 ※新聞紙大のチラシを半分に畳んで、置いてあります。

チラシ 便利箱 002.jpg
   ↑
  左端を折ってあります。角を切り取りました。
  右側から左に折って、重ねます。

A最後に差し込むための折り線を付ける。
 @の状態にし、左端へ折り線(10cm位)を付けます。
 ※箱物なので、折り線はしっかり固く付けます。

便利箱2
                               ↑
                @に戻して半分に折り、折り線を付ける。


B更に半分折り(4つ折り)にする。折り線を付けたら広げる。

             中心線に向けて、三角折りをする。
                    ↓
便利箱3
                               ↑
                      左側は2枚のうち、1枚のみ折る。

C三角の底辺部分にしっかり折り線を付けて元に戻す。

             台形の部分を合わせて折ると、袋状になる。
                   ↓
便利箱4
                                ↑
            袋状の部分に手を入れ、立上げ、角をキチンと取る。

D初めに付けた差込み部分を、左右の三角部分に差し込んで完成。
 それぞれの角線を再度、型取りしておきます。
 ※怪我予防で折り込んだ部分にセロテープを張り、補強します。

便利箱5

備考@ 紙サイズを変えていけば、入れ子にできます。
     箱の実にもなり蓋にもなります。
 1)左端の写真はB5の用紙での見本。上1cm折り込み分。
   中は上の折り込みは2cmになり、右端は1.3cmで切り取る。
   右は上の折り込みは3cm。右端は2.6cmで切り取る。

 2)真ん中と右側の写真は、1)の手順で作ったもの。

便利箱6
  ↑
  上の折り込み部分は切り取らず、残した方が補強になります。
  ただ右端は残すと折りづらく、折り線が付けにくくなるのでカット。

備考A 用紙の向きを変えて折れば、強度はなくなりますが
      細長い箱も作れます。


《用意したもの》
チラシ、セロテープ、ハサミ、カッターなど。




良かったら応援して下さいね
  人気ブログbanner_02.gif にほんブログ村 ハンドメイドブログ エコクラフトへ 

posted by エコ at 14:50 | 新聞紙・チラシ利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。