2008年09月03日

万年カレンダー

 
作成には少し時間がかかりますが、
出来上がれば、その後はずっと使える万年カレンダーなので、
のんびり作って頂ければと思います。

そして毎月、月日を付け替えて下さいませ...。



日付ピースは黒文字と、祝祭日用に赤文字の2通りが必要です。

《作り方》
@月、曜日、1〜31までの日付と空き埋めピースを作ります。
 つぶれないように、固めのダンボールがいいですね。
 厚みも必要です。
 見本は7oくらい。
 ※ダンボールを2枚重ね貼りして厚みを出しています。
  
 月のピース  3.0cm×4.0cm 12個

 曜日ピース  2.5cm×3.0cm  7個
 日付ピース     〃       62個(黒字 31個 赤字 31個)
 空き用ピース    〃      12個

Aピースに貼り付ける日付や月、空き用の絵など描きます。
 それぞれのピース大にバランスよく文字や絵を入れて、
 糊代を多く取ります。

 ※白紙でピースを包み後から手書きでもいいですが、
  直しが出た時に少し手間を要します。
 ※見本はPCで作りました。
  花などの絵はクリップアートを利用しています。
  
Bそれぞれで、ピースを包むように貼り付けていきます。

カレンダー2 カレンダー2−2

C台紙(カラーボード)にマス目を取ります。 
 月欄に5cmほど取り、
 その下に 縦3cm×横4cm で濃い目に線引きします。
 ※交換時に作業し易いように、マスは大きめがいいです。

D日付のマス目に両面テープを貼り、クリップを貼り付けます。
 (クリップの上からテープを貼ると磁力が弱まる?)
 ※クリップの向きを揃えると、高さが揃います。
 
E曜日欄を、両面テープまたは糊付けで固定します。

F日付入りピースと、絵入りピースの裏に両面テープで
 マジックシートを貼り付けます。

カレンダー3
 曜日欄と日付欄は同サイズで7段必要です。
 ※見本は失敗、作り直しましたもうやだ〜(悲しい顔)

G紐用の穴を開けて、下げ紐を取り付けたら出来上がりです。
8月カレンダー


《用意したもの》
固めのダンボール、それぞれピース用文字入り用紙、
カラーボード、クリップ(中・3cm弱)、マジックシート、
1.5幅の両面テープ、下げ紐、糊やハサミなど道具類



リサイクルで楽しむ!エコな工作 ブログトップへ

良かったら応援して下さいね
  人気ブログbanner_02.gif にほんブログ村 ハンドメイドブログ エコクラフトへ

posted by エコ at 20:02 | 板もの、額縁もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。