2008年09月25日

壁ツリー、三角帽子、ベル、星型

 
これも、デイで働いていた時のものです。
クリスマスリースと同じく、ネルの生地を使っています。



 

出来上がり写真です。
柱の角を使って、画鋲で取り付けてあります。
ツリーに見えるでしょうかクリスマス

壁ツリー

《作り方》

1)ツリー生地
・壁ツリーなので、広い布がいいと思います。
 見本は、ダブル幅(156p)の布を1.7m位利用しています。

 生地の下端はほつれ防止の三つ折り縫い。
 上端は丸棒の通し穴を作ります。
 ※生地を束ねるため、ゆったりした通し穴が良い。
  (棒の直径の2〜3倍)

 見本は30p長さの丸棒にアルミ箔を貼り、通し穴に通し、
 布をギュッと寄せて紐で結んであります。
 結んだ紐にアルミの針金で掛け輪を作り、下げます。


2)サンタの帽子
・トイレットペーパー芯を利用します。

三角帽子1 三角帽子2
  ↑                   ↑
上部左右に1p弱残し        色紙と綿を張る。
V字カットします。           (綿は1p位で紐状に切る)
下部は切り離さず5o強残す。   トップに穴を開けて紐を付ける。
切り口同士をテープで仮止め、
帽子状にする。


3)ベル(半円状)
 出来上がり写真はB4サイズで作ったものです。
 下の見本はA4サイズ。
 ※出来上がりは19p程になります。

・端から10p幅を取り、半円の底部分とします。
 次いで上から7pを左端まで取ります。

 写真のように丸みにする部分を   
 5等分にします。            底を貼り付けます
   ↓                   ↓
ベル1 ベル2 


・テープで貼り合わせながら、丸みをつけていきます。
 丸みに合わせて底を切り取り、テープで貼ります。                            
 2個作ったらアルミの針金を取り付けます。
 ※下げるためと、ベルを固定するためです。

 片方ずつラッピングします。
 金色ラッピング紙で包み込むように貼り付けます。
 テープなどは裏側に貼れば、見た目がキレイになります。
 
ベル3 ベル4

 ※丸みの取り方は5等分でも6等分でもOKです。
  

4)星(平面型)
 ダンボールに5角形の型紙を取ったら平棒を貼り付けて、
 アルミ箔で美装します。
 立体は、またの機会に紹介できればと思います。

 出来上がり写真では星型の棒をベルの穴に通して、
 生地を束ねた紐に差込み固定しています。


《用意したもの》
ツリー用;生地、丸棒、アルミ箔、アルミ針金、束ね紐
帽 子 用;トイレットペーパーの芯、色紙、綿、下げ紐
ベ ル 用;画用紙A4、アルミ針金、金色ラッピング紙
      他には糸・針、ハサミ、糊、テープなど


リサイクルで楽しむ!エコな工作 ブログトップへ


posted by エコ at 17:45 | Comment(0) | クリスマス関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。