2008年11月08日

サンタのブーツ


サンタクロースには付き物の赤いブーツ。

小さいけれど、キャンディーは幾つか入るかも...。
可愛いブーツを作ってみましょう。


見本のものは 14.5×10.5 のサイズの紙を使っています。
色紙も同じサイズのモノを使用しましたが、
赤い画用紙でも良いです。

この出来上がりは、9cm弱です。

テープ止めが沢山ありますが、色紙を糊付けするため、
出来るだけ少なく使います。

《作り方》
@胴部分(下の写真右側)を作る。
 用紙を横長に置き、中心線を引きます。
 下より4pの所から左右の角を結び、カットします。(写真;右下)
 胴の長さはココで決めます。

 次いで、色紙のサイズ取りをします。
 重ね取りOKですが、銅の長さは中折り込み1.5pプラスします。

  丸めて、テープで止めます。(写真;右上)
                    
 ブーツ1
      
A甲と底部分(上の写真左側)を作る。
 胴部分と同じく、中心線を引きます。

 下端より 7.5pの所で横線を引きます。
 中心より4pの所から、左右の角へ線を引く
 ※底の折り線になる...左右の立ち上げた部分が底になる。

 靴先の丸み用に均等に切り込みを入れます。(写真;左下)
 先に底の折り線をしっかり付けてから、
 両面テープで底を固定します。

 次にかかとをキチンと合わせてテープ止めします。(写真;左上)
 このブーツのかかとは丸みがなく、三角状です。

 注)テープ止めする前に甲部分の色紙サイズを取ります。
   1枚の色紙上に胴部分を重ね、切り取った山状に線を引きます。

   次に、その色紙につま先部分を重ね、線を引き、切り取ります。
   手前が山状なら、向こう側がつま先用の切り込みとなります。

B胴部分と甲部分を一体にする。
 胴部分へ甲部分を差し込み、かかとを合わせてテープ止めします。

 ※Dの中側処理はここでしてもOK。適宜に。
 
Cつま先を作る。
 三角状の紙を折らないように、指先でつまんで軽く丸みをつけて、
 つま先状に丸く寄せてテープで止めます。
 
 そのつま先の丸みに合わせて、底部分を切り落とします。

 ブーツ2

D胴部分の中をキレイにする。
 上からバランスよく切り込みを入れて、テープで固定します。

 ブーツ3

E色紙を貼る。
 まず、甲部分を先に貼っていき、胴部分を貼ります。

 つま先の丸みは型と同様に切り込みをし、先に左右から貼り、
 残った色紙を上から重ねて貼った方がキレイです。

 余分な部分が出たら切り取ります。
 次に底を重ね貼りして、型をキレイに仕上げます。
 
 下げ紐を付けるなら、ココで穴開けし、紐を通します
 最後に一回りクルリと綿を糊付けして、出来上がりですふくろひらめき


《用意するもの》
画用紙より厚めの紙、色紙、綿、下げ紐、糊、テープ、
ハサミ等々道具類


リサイクルで楽しむ!エコな工作 ブログトップへ


posted by エコ at 10:00 | Comment(0) | クリスマス関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。