2008年12月29日

羽子板(大)


デイ勤務時に、風船羽子板のゲーム用に作ったものです。

作り方は、飾り羽子板と殆ど同じですが
ゲーム用なので壊れないように、頑丈に作りました。




《作り方》
@サイズ取りする。
 ダンボールの穴目を横に置いて、サイズ取りします。
 ※厚紙などで型紙を作り、利用しても良し。

 ↓写真は縮小見本ですが、サイズは実寸です。
 羽子板、大(サイズ)

 ※最低6枚の型;1組の片方に3枚(3段)必要です。
  絵板と取っ手の境目は、波状または直線など好きな形で決めます。
 ※使用する絵・デザインを拡大コピーし、サイズ決めしてもOKです。

Aダンボールを丁寧にカットする。

B補強する。
 1段目の型に、平竹を取っ手から板の先まで、V字状に置いて
 (@写真の線部分)、ボンドで接着固定します。
 ※平竹は、園芸用の支柱(金属製の細いモノ等)を利用するも良し。
  2段目の型の片面にV字に切り込んで、そこへ押し込み、補強及び
  ボンドで固定させます。
 
C厚みを揃える。
 特に平竹を使った場合は、2段目の型を適宜カットして補い、
 凸凹を埋めて、全体の厚みを一定にします。
 次に3段目の型を重ねて、ボンドで接着固定します。
 
D裏表を美装する。
 まず、裏部分を色紙や白紙などで美装します。
 表まで回せるだけの糊代を取り、切り込みをして、糊付けします。

 次に、表側に絵(取っ手まで含め)を貼ります。
 乾燥したら、
 周囲を幅広のテープで補強も兼ねて、キレイに貼っていきます。
 最後に取っ手にタコ糸を巻き、ボンドを伸ばします。
 固定及び滑り止めとなります。

 片方が出来上がりです。
 次いで、2枚目も同じように作っていきます。

 羽子板大2
 
ひらめき備考)
 特にB、Cの接着部分は浮きのないように重石をし、固定させます。

《用意したもの》
厚め(5o程度)のダンボール、竹(工作用の平たいもの)、好みの絵、
色紙か白い紙、タコ糸、糊、ボンド、テープ(5cm幅)、カッターなどなど


リサイクルで楽しむ!エコな工作 ブログトップへ



タグ:羽子板
posted by エコ at 12:52 | Comment(0) | 遊具・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。