2009年01月12日

お手玉(たわら型)


珠須玉を入れて作ると、良い音がしました。
小学生の頃、珠須玉を取りに行くのも遊びの一つでした…。



  



上手な人は、お手玉を何個も持って回しますが
あれって簡単そうだけど...続けて回すのは大変なんです。

手に持って、ギュッと握り締めるだけでも
指の運動・刺激になるそうです。

《作り方》
@生地を用意し、個数分サイズ取りする。

 お手玉1

 縫い代は、右写真のように取ります。
 縫い始めは写真の@印 縦から縫い、筒状にします。
 ※細かい針目(小口縫い)で縫いましょう。
  糸は太い木綿糸が良い。

A縦縫い部分に補強縫いをする。
 縫い代を片側に倒して、表地と共に重ね縫いをする。

 お手玉2

 筒状の片方の口を閉じる。
 1p以内の針目で、輪に縫っていきます。
 縫い初めと縫い終わりの糸を絞り、固結びする。
 糸を切らず、2〜3度巻いて再度固結びする。
 表側に返す。

B具を入れる。
 閉じ口を輪に縫い、糸を残したまま、具(袋の2/3位まで)を入れる。
 ※少なすぎず多すぎず...。
  
 お手玉3

 袋を立てて置き、口糸を軽く絞った所へ縫い代を中に折り込みます。
 更に口糸を絞って固結びし、1pほど残して糸を切る。
 ※残ってる糸で隠し縫いをし、再度、固結びしてから切っても良い。

 出来上がりです。

備考)
 ・出来上がりは、横1×縦1.3程度の形状が持ちやすいです。
  サイズの取り方で、丸っこい形や細長い形にもなります。
 ・生地は柔らかい ちりめんが良い。
 ・具はお手玉の個数分、均等に分けておいた方が便利です。

《用意したもの》
端切れ(ちりめん地)、コーン、木綿糸、ハサミ、定規など道具類。


リサイクルで楽しむ!エコな工作 ブログトップへ



posted by エコ at 13:30 | Comment(0) | 遊具・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。