2009年01月28日

紙雛・女雛(08年版)


お雛様情報があちこちから耳に入りますね。
これはティッシュペーパーを丸めていて思いついた雛人形です。
 


    

木目込み人形;可愛らしい人形が15人揃って賑やかです。



高さは、12〜13pほどです。
女雛と男雛とは、工程が少し違うので男雛は次回とします。

《作り方》
@頭を作る。
 ティッシュペーパー(1組;2枚)を丸めて、7〜8p角のガーゼで包みます。
 ある程度、形を整えて、ギュッと絞ります。
 絞った所を、木綿糸でグルグル巻いて(首になる)縛ります。

A襟を作る。
 十二単風に色を重ねて襟にしますが、先にコピー紙で型を作ります。
 写真のように2mm以内の段を付けて、6段(襟の形が取りやすい
 厚み)ほど折り、不要部分は切り取ります。
 ※右側の低い方が外襟(1.3p)になります。
 
 襟の折り方(無地)
   ↑A4を半分にし、幅の狭い方を折る。

 ・色を塗る。
  折ったコピー紙を広げて(写真;左)、必要な所のみ色塗りします。
  再度、畳むと襟の出来上がり(写真;右)。

 襟の作り方1,2

B身頃を作る。
 ・残りのA4半分を横半分に折り、外襟と同じ色を塗ります。
 ・無地の部分に印を付けます。
  上端から3cmに線を引き、中心から左右3cmに印付けします。

  着物の作り方1

 ・色の境目で折り、2枚重ねにします。
  重ねた状態で、無地の側から左右3cmの所まで、切り込みして
  折り返し、しっかりした袖にします。
  切り込み終わりにテープを貼って、破れ防止にしましょう。
  ※Cでの写真;右参照。

C襟と身頃をセットする。
 襟に身頃と合わせる位置線を付けます。
 襟を裏側にして、左から6cmの所を合わせ位置とします。
 ※襟は重ね折りで厚みがあるため、
  型作りしやすいように隠れる部分は短くしています。
 次いで、襟元がキレイに重なるように丸みを付けておきます。

 外襟が身頃の上になるように差し込み、裏側で位置線を合わせます。
 糊付けはしません。

 襟と着物をセット
 ※斜めに切った部分は、前合わせをすると、下から出るので
  切り取りますが、前合わせ後に確認し、切り取りましょう。
 
D着物を着せる。
 首に合わせて襟元を決め、前合わせをし、ホチキスで固定します。
 ※髪は最後Fで付けます。

 着物を着せる
      手前左右に広がっているのは袖部分です。

 袖を前で接着します。
 右手(見た目では左側)が前に出るよう重ね、袖と袖のみ接着します。
 ※扇を差し込むので、襟と袖の間に隙間を残しておきます。
  Iの完成写真を参照して下さい。
 
E頭を固定する。
 逆さにして、内側の襟元周囲にボンドを付けて乾燥させ、しっかり固定します。

F最後に、髪を付ける。
 23cmほどに切った毛糸を中心で結び、髪の毛状にします。
 頭頂部のみボンド付けし、乾燥させます。
 ※隙間が出来たら、残り毛糸を貼り付けます。
 白い紙を細く折って紐状にして、髪を後で束ねましたが、
 好みのものでどうぞ。
 髪の長さを切り揃えます。

G髪飾りを作る。
 色紙を重ね貼りして、形を作ります。
 大きさはバランスを見て決めます。
 Fの髪が固定できたら、額に接着します。
 
H扇を作る。
 厚紙を扇状に切って、好みの色紙を貼って美装します。
 大きさは袖の前合わせに差し込める程度にします。
 見本は厚紙に端切れを貼りました。

I固定用の台紙を作る。
 厚紙を適当な大きさ(1人用なら7〜8p角)にします。
 ペーパー芯を2p程に切り取ります。
 ※厚紙を丸めてもいいですが、ペーパー芯の方が形にしやすい。

 女雛の裾に合わせて輪の大きさを調整して、テープ止め。
 輪の片方の淵にボンドを付けて、厚紙に貼り付けます。
 ※二人雛なら、バランスよく並ぶようなサイズにします。
  色紙を貼れば、見栄えも良くなります。

 完成版 09年修正分込み

《用意したもの》
A4コピー紙、ティッシュペーパー、ガーゼ、木綿糸白、極太毛糸、
厚紙(台紙と扇)、トイレットペーパー芯、端切れ(扇)、色紙(和紙・髪飾り)、
色鉛筆、ボンド、ハサミなど道具類


リサイクルで楽しむ!エコな工作 ブログトップへ
 



タグ:雛祭り
posted by エコ at 16:37 | Comment(0) | 雛飾り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。