2009年03月09日

チラシdeチェア


チラシだけで椅子を作ってみました。
もう少し、後ろ側に角度が取れるといいのですが...。
 
丸棒とデザインの良い部分でシートを取って、作ります。

《作り方》
@脚用および補強用の丸棒を作る。
 竹串を芯にしてチラシを巻き、巻き終わりを糊付けします。
 ※高さ(長さ)と大きさはキチンと揃えます。
  チラシを同サイズに切っておけば、大きさは揃います。
 
 脚 用  長いもの;2本    ・見本は14cm、直径1cm程度。
  〃    短いもの;4本    ・  〃  5cm、   〃  。
 補強用 短いもの;9本    ・  〃  5cm、直径1cm弱。
     ※脚用の短い丸棒と補強用の丸棒の長さは同じ。
  
 長い棒に短い棒を接着、輪ゴムで固定し、後脚を用意する。
 ※短い棒があると、シートがつけやすいです。
 
Aシートを作る。
 まず、椅子幅を決めます。
 チラシのデザインを利用するように隠し折りしながら、折り畳みます。
 チラシの厚みにもよりますが、4枚重ね程度は必要です。

 開きます。
 糊付けしながら幅などズレないように、順に畳み直します。
 長さは余分に取って、余ったら前と後で調節すれば補強になります。

 乾かないうちに、座面と背面の位置を決めて、折り線を付けます。

B脚にシートを固定する。
 後脚にシート背面を当て、間に補強棒を置き、輪ゴムで仮止めしたら
 接地面にボンドを付けます。
 
 チラシでチェア3,4,5

 座面に前脚を接着します。(上;右)
 前脚と補強棒を当てて、座面の長さを決め、折り線を付けます。
 余ったシートは補強もかねて前で折り畳み、接着しておきます。

 補強棒を裏側で当てながら、前脚を付け、輪ゴムで仮止めします。
 接地面にボンドを付けます。
 下端に補強棒をあてがい、仮補強・仮止めしておきます。

 更に細かく補強した状態です。(写真;下)

 チラシでチェア6,7

 思ったより、シッカリした椅子ができました。
 背面シート上部は、見本では別の丸棒を当てましたが、
 1本目の補強棒に接着して、後に反らすようにしてもいいです。

 チラシでチェア8,9

備考; 
輪ゴムでの仮止めは場所場所で細かくして、ボンド付けして進めた方が良いです。

《用意したもの》
チラシ、竹串、ボンド、糊、カッター、輪ゴムなど道具類。


リサイクルで楽しむ!エコな工作 ブログトップへ


タグ:チェア
posted by エコ at 15:42 | Comment(0) | 新聞紙・チラシ利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。