2009年06月05日

紫陽花・あじさい


ダンボールを台紙にし、色紙で花びらを作ります。
好みの色合いで紫陽花を作りましょう...かわいい



以前、作成した額縁に飾ってみました。いかがでしょう。

《作り方》
@台紙を作る。
 ダンボールを円状に、好みの大きさで2枚分カットします。
 見本はセロテープの中芯の大きさ(7.5p程)です。
・台紙に色紙を貼ります。
 若草色などが良いと思います。
 ※厚み分と裏に1cm程かかる程度の糊代を取ります。
  切りこみを入れて、裏側に糊付けしましょう。
  乾燥させます。

あじさい1,2.JPG

A花びらを作る。
 できれば和紙、縮み系の色紙がいいと思います。
 色紙のサイズにより、花びらの大きさも変わりますが、
 見本は、15cm角の色紙を縦横4つ折りカットの正方形です。
・折り方は途中までは、鶴の折り方と同じです。
 左写真の水色で、左側も折込み後、半分に畳みます。
 三角状になった黄色の根元を5mm程つまんで、ねじります。
 つまんだまま、花びらを軽く開きます。
 見本の場合は20個(2花分・計40個)程度作りました。
 ※バランスを見ながら糊付けするので、過不足が出ます。

あじさい5,6.JPG

B台紙に穴を開ける。
 しっかり乾燥してから、穴を開けた方がつぶれないです。
 まず外側から1.5p程内側に、間隔も同程度に開けます。
    ↓(左側)
あじさい3,4.JPG
              
 続いて、バランスを取りながらレンコン状に開けます。
 
C花びらを接着する。
 最初に開けた穴位置を基本にして、ボンド付けしていきます。
 穴にボンドを置き、花びらの捻り部分を差し込みます。
 位置をずらし、いくつか接着、乾燥具合を見ながら進めます。
 花びらは開き気味にしたり、すぼめたりして加減します。
 外側は最後に台紙を隠す意味で貼りますが、多少は見えても
 OKです。
 2個共に仕上げます。

あじさい7.jpg

D額縁に飾る。
・濃い緑の色紙で、葉っぱを何枚か作ります。
 3〜5p大の色紙を三角に折り、刻みを入れて形を取ります。
・全体的な配置を決めます。
 葉っぱの、花台紙で隠れる位置に印しを付けておき、
 根元のみを貼り付けます。
 葉っぱが浮いて立体的になります。
 次に花台紙の裏にボンドを飛び飛びにつけ、額に接着します。
 花びらがつぶれないように、細い棒で押し付けます。
 ※額縁の白い台紙は固定しない状態にしておけば、
  バランスの修正ができます。
  最後に淵の奥側に糊か両面テープで固定すれば良いです。

あじさい8.jpg 

備考;高齢者の方には、花びらの大きさが5cm角程度あれば
   折りやすいかと思いますし、ねじる部分からは手伝って
   作るのも良いのではないでしょうか。
   この場合は、台紙も10cm位の大きさが良いかと....。
   差し込む間隔も広げてみてください。
   額縁も厚紙に仕上げで縁取りするなどで、簡便にしても
   良いと思います。
   
《用意したもの》
厚めのダンボール、色紙、手作り額縁、カッター、ハサミ
千枚通し、糊、ボンド、両面テープなど道具類


リサイクルで楽しむ!エコな工作 ブログトップへ


タグ:紫陽花 額縁
posted by エコ at 16:20 | Comment(0) | 板もの、額縁もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。