2009年07月15日

お神輿2


紙パックを折り畳んで作った『お神輿』です。
他にはチラシと、ダンボールを使っています。



《作り方》
@紙パックをカットする。
 家型部分は紙パックをばらさないで、谷折り山折りします。
 見本は下から5cm、4p、5cm(屋根部)でカットしました。
 
お神輿1,2.JPG

A各パーツに折り線をつける。
 2段目の4pをそれぞれ、丁寧に半分折りします。
    ↓
お神輿3,4.JPG
             ↑
 屋根の三角部分に定規など当て、中側に折りこみます。
 固定補強用に1cmほど残して切り取ります。
 ※屋根の形、軒の位置が決まるので、ズレないようにします。

 軒部分をホチキスで止めます。
 ※厚みを押さえて、形を固定するためです。
 屋根を合わせて、テープで仮止めします。
 家の形が出来上がります。

B屋根の不足場所を補填する。
 写真のように小さな三角を作って、左右の角に差し込みます。

お神輿5,6,7.JPG


Cお神輿用の各パーツを作り、美装する。
 神輿を載せる台;薄いダンボールか厚紙を用意します。
         12cm角に切り、中側へ立上げ分1.5p取る。
         外側から千代紙などで美装します。
         中底も色紙を貼っておきます。
 屋根用  色紙;屋根の三角と同じサイズで軒下に回すだけの
         長さ(7p強)にする。
    4方飾り;B4長さのチラシを10cm幅にカットする。
         丸棒を4本作ります。
         巻き終わりは両面テープで処理します。
         ※巻き初めにも少し使ってねじれ防止に。
   TOP飾り;チラシを1.5p幅にカットします。
         大きさが1cm強になるように巻きます。
         中心を凹ませて、とんがり状態にします。
         内側にボンドを付けて形を決めます。
     担ぎ棒;厚紙か薄いダンボールを15cm長さで用意。
         1cm間隔で折り線を兼ねて、線引きします。
         定規を使い丁寧に立ち上げ、角型にします。
         テープで4ヶ所ほど仮止めします。
         色紙を巻き貼りします。
         両端は折り込んで処理します。

お神輿8,9.JPG

 家の囲い部分を美装します。右写真グッド(上向き矢印)
 1〜2pの糊代を取って、グルリと巻き貼りします。
 底用の糊代も取っておきます。

D仕上げる。
・屋根に色紙を貼ります。
 軒下までキチンと貼りましょう。
・TOPの飾りにボンドを付けて、屋根の天辺に接着します。
 乾燥待ちの間に、台と担ぎ棒をボンドで接着しましょう。
 次に、屋根の四方に丸棒をボンドで接着します。
 ※TOP飾りに接する部分は斜めカットしておきます。
  巻き終わりを隠すようにしましょう。
 ※チラシによっては固定するまで時間がかかるので、
  ドライヤーで乾燥させます。
  ボンドも付け過ぎない方がいいです。
・点置きでボンドを付けた神輿本体を、台に載せます。
 固定したら、完成です。

お神輿10,11.JPG

備考)家の形だけで貯金箱にすることもできます。
    屋根の三角部分に入れ口を作る場合は、@の段階で
    作りましょう。
    また、四方飾りは美装した厚紙、紐、リボンなどでも
    いいです。
    お好みで作ってください。

 
《用意したもの》
紙パック、薄めのダンボール、チラシ、色紙、千代紙、糊、
ボンド、両面テープ、定規、カッター、ハサミなど。


リサイクルで楽しむ!エコな工作 ブログトップへ

posted by エコ at 15:51 | Comment(1) | 季節もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とてもすごいエコ作品ですね。びっくりしました。
子供の夏休みのリサイクル工作に頭を悩ましており、このページを拝見させていただきまいした。
とってもあつかましいお願いなのですが、この作品を子供の夏休みの課題に使わせていただいてもいいでしょうか?
よろしくお願いいたします。
Posted by 三宅 景子 at 2013年07月21日 10:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。