2009年07月23日

ティッシュBOX風小物入れ


見かけは小さなティッシュBOXですが
仕切り板を使った、小物入れです。



ポケットティッシュが一つ入ります。
仕切り板を外して、隠し物入れになります。

《作り方》
@外箱/中箱用に紙パックやダンボールをカットする。
・紙パックで、中箱を作ります。
 箱のサイズはポケティッシュの長さにします。
 ※取っ手部分には底の厚い方を利用し、中折り分を取ります。
 三方@ABを折りたたんで、箱型にします。

ポケティ1,2.bmp

・外箱用にダンボールをカットし、取り出し口も開けます。グッド(上向き矢印)
 中箱を包む形でサイズ取りします。
 ※ダンボールの厚みも考慮しましょう。

 一面に中心線を引きます。
 7cm×2pの長方形を取り、穴を開けます。
 ※処理しやすい形、大きさで良いです。
 
A取り出し口(裏側)を美装する。
 取り出し口より大きめの紙を2枚用意します。
 まず片側に貼り、切りこみを入れ、表側へ回し糊付けする。
      左斜め下
ポケティ4,5,6.bmp

 2枚目をもう片面に貼り、同様に処理します。
 最後に広幅のビニールテープで固定&保護します。
            
B箱を美装する。
 外箱、中箱に色紙を貼ります。
  
ポケティ7.bmp
    外箱です。    

・外箱の取り出し口の保護も兼ねて、柄布テープを貼ります。
 ※取り出し口部分は前もって開けておきます。
・中箱も全体的に色紙を貼り、中折り分も多めに取ります。
 外箱に合わせて、取っ手部分も柄布テープを貼ります。
・中箱に囲い板および、仕切り板を作る。
 5cm幅×中箱の内壁長さで、ダンボールを板状にカットします。
 丁寧に、角の折り線を付けます。
 ※そのままでも良いですが、美装する場合は糊付けしたら
  すぐに折り線に沿って角を付けておきましょう。
・仕切り板を作ります。
 囲い板にかかるサイズで、ダンボールをカットします。
 取り出し口を好みの形で付けます。
 ※ここの処理も好みで良いですが、切り口は保護・処理します。
  見本は美装した後に切り口と角をテープで処理しました。
・取っ手を付けます。
 千枚通しで穴を開けて、紐を結びます。

ポケティ8,9.JPG

D出来上がりです。
 右は、おまけです。
 正方形の箱を作り、ボンドで横付けしました。
 メガネ入れとかになるでしょうか?

ポケティ12,13.JPG
 
《用意したもの》
紙パック、ダンボール、色紙、柄布テープ、紐、糊、ボンド
テープ、定規、カッター、ハサミなど。


リサイクルで楽しむ!エコな工作 ブログトップへ


posted by エコ at 15:06 | Comment(1) | 箱もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とにかくすごい
Posted by at 2012年03月04日 17:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。