2010年04月13日

手縫いの巾着袋


激安ショップで、ゴブラン織りの端切れを見つけたので
久しぶりに、巾着袋を作ってみました。


《作り方》
@生地(23×75)を用意する。
 ※端切れが46幅だったので、縦半分にカット。

A紐通しの口処理を行う。
 下げ紐を通す部分の端処理をします。
 見本の場合は、生地端から14p辺りまで、4角を二度縫いします。
 ※紐が通り、擦れるので、しっかり縫っておきます。
 ※下げ紐を通す際、ヒラヒラの部分が不要な場合は
  生地端からの長さは半分(7p)程でもよい。

巾着2,1.JPG

B紐通し部分を縫う。
 上端から7p折って、縫い付けます。
 ※ヒラヒラを取る場合には、上2cm程残して縫います。
 ※縫い初めと縫い終わりを堅く処理します。

巾着3.jpg

C袋状にする。
 Bの状態を裏返して、中表にします。
 縫い代1cm弱ほどで、左右を返し縫いか二度縫いします。
 ※生地端のホツレ処理がしてある場合はそのままでOK。
  ハサミを入れた部分は、ホツレ処理(かがり)をします。
 マチを取らない場合は、ここで紐を通せば完成です。

巾着4.jpg

Dマチを取る。
 袋を裏返し、角を揃えます。
 3p幅くらいを、返し縫いします。
 表に返して、型を整えて、出来上がり。
 横21.5cm×縦28pの、巾着袋になりました。

巾着5,7,8.JPG

※生地が厚いと裏地がなくても良いので、作るのも簡単です。

《用意したもの》
ゴブラン端切れ、紐(好みの長さ/見本は1.5m使用)、糸やハサミなど道具類。


リサイクルで楽しむ!エコな工作 ブログトップへ


タグ:巾着袋
posted by エコ at 16:53 | Comment(0) | 袋もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。