2008年05月09日

お手玉ダンベル

 
高齢者の方の、指の運動になれば....。
お手玉を少し長めにして、ダンベル代わりに。
名前もそのまま、お手玉ダンベル



中にはコーンを入れました。
音も感触も、い〜い具合ですよるんるん

下げ紐を付けて、手首に通せば、落としにくいかと...。

最後に口を縛る時に、三つ網にした毛糸の端を中に入れましたが、
端を団子状に2〜3度結んでおくと外れにくくなります。


《作り方》
@布を15cm幅×23cm長さにカットします。 

お手玉ダンベル 001.jpg

A中表にして、筒状に細かい目で縫います。縫い代は1p弱。
 ひっくり返して縫い代を片側に寄せて、重ね縫いをします。
 ほつれ防止になります。
 ※ほつれ防止は最後に口を閉じてから縫ってもいい。
   その方が縫いやすいかも...。

B筒状の片端、1.5p位の所を5o間隔程で一回り縫う。
 縫い始めに戻ったら、1〜2oずらして再度一回り縫います。
 この時、縫い始めに5p程、糸を残しておきます。

C縫い始めの糸と縫い終わりの糸を持ち、少しづつ絞っていきます。
 糸を切らないように、うまく絞れたら硬く結びます。
 結んだ所に残り糸を2〜3度巻き、再度結んで処理します。

D表に返して、コーンを入れます。
 見本では220g使っています。
 ※コーンはポップコーン用の物をスーパーで見つけました。

お手玉ダンベル 002.jpg

E口を閉じます。
 片側を閉じたのと同様にしますが、外側から縫います。
 (ここで、毛糸の三つ網を差込み、絞りました。)
 グルグル巻きはできませんが、硬く縛っておきましょう。
 ※念入りに残り糸で、十字形に隠し針で止め縫いします。

 出来上がりですわーい(嬉しい顔)
お手玉ダンベル.jpg

※生地の厚さにもよりますが、使用頻度で生地が傷みます。
 場合によって、ガーゼなど重ねて、中袋にすれば良いかと思います。


《用意したもの》
端切れ、コーン、針、糸、毛糸、ハサミなど。



リサイクルで楽しむ!エコな工作 ブログトップへ

良かったら応援して下さいね
  人気ブログbanner_02.gif にほんブログ村 ハンドメイドブログ エコクラフトへ 



タグ:ダンベル
posted by エコ at 15:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遊具・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。